ドライバー座談会

Staff Interview

男性ドライバー写真

空気づくりを大切に。


「また乗りたい」と思っていただけるドライバーを目指して。

Q.01
こちらにこられたきっかけは
  • 八木
    八木

    近所に住んでいる京都タクシーの先輩から「タクシーやってみないか?」と誘っていただいたのがきっかけです。

  • 雀堂
    雀堂

    前職では名古屋の方で機械整備をしていましたが、一人暮らしの母親がいる実家の京都に戻ることになって就職先を探していた時に、「ドライバーの仕事に挑戦してみようかな」と思い応募しました

  • 八木
    木寺

    ここに来る前は住宅のサッシの組み立てや配達をしていましたが、重たいガラスを運ぶ仕事で体を壊したんです。それがきっかけで、京都市内から地元で通勤が楽なところで働きたいなと思って、車を運転するのが好きだったので京都タクシーを選びました。

Q.02
入社して一番初めに学んだことは?
  • 雀堂
    雀堂

    やっぱりタクシードライバーは土地勘がないといけないので、会社が用意してくれている地理研修で道路や店舗の名称について覚えていきました。

研修期間で道を覚えることはできましたか?
  • 八木
    八木

    初めてのタクシーのお仕事だったので2週間の間はドキドキしながら、一生懸命ノートを取って覚えようとしましたが、私は八木町の出身で地元とは道も違うので大変でしたね。

  • 木寺
    木寺

    亀岡で新聞配達をやっていた経験があるので、ある程度の亀岡市内の建物や道は知っていたので、そこまで苦労はしませんでした。

  • 雀堂
    雀堂

    私は京都の生まれですけども、仕事柄名古屋にいる期間が長くて、関西県内の道はほとんど知らなかったんです。とくに亀岡は踏み入れたことがなかったので、裏道を覚えるのは大変でした。コンビニなどは移店がありますが、会社の建物など位置が大きく変わらないものを目印に、道を覚えるようにしていました。

Q.03
お客様は優しい方が多いですか?
  • 八木
    八木

    優しい方が多いですね。高齢の方も親切ですし、話しかけやすい雰囲気を作っているからなのか、若い方からも「今日彼氏とデート行ってきたよ」とか「友達と飲み会してきたの」と話かけてもらうことも多いんです。その会話に乗って質問しながら相槌を打つと、とても喜んでいただけますね。地域性もありますが、お客様には形式ばって標準語を話すよりも、ここら辺のしゃべり口調で話かけた方がほっこりと安心されるんです。「また乗りたいな」と思っていただきたいので、細かいことですが言葉遣いから気を付けて、距離の近さを感じてもらえたらいいなと思っています。

お客様からもらってうれしかった言葉は?
  • 木寺
    木寺

    お客様によりますが、何も言わずに出ていかれる方もいますので「ありがとう」って言ってもらえるとうれしいですしホッとします。車内ではお客様が主体になってもらわないといけないと思うので、自分からしゃべるというよりは、お客様が満足していただけるように状況に応じて会話のさじ加減は決めています。

男性ドライバー写真

合掌で届けられた「ありがとう」の言葉。


どんなシーンにも寄り添う責任感を大切に。

Q.04
ドライバーになって良かったなと思う瞬間は?
  • 雀堂
    雀堂

    お年寄りの方が利用していただくことも多いのですが、病院や夜間救急の場合には、送り届けた後に「ありがとうございます」と合掌しながら感謝していただけることもあります。そういう時は「良かったな」って思いますね。夜間だと交通手段が限られているので、私たちは仕事柄、当たり前のようにそういう状況に出くわすのですが、それを当たり前と思わずに、使命感と緊張感を持って送り届けていきたいです。

    感謝していただけるとやりがいを感じますよね。

  • 八木
    八木

    飲み屋さんにお迎えにいった時は酔った勢いで「はよ行け!」と言われるんですよ。でも降りる頃には笑顔で「おおきに。ありがとう」って喜んで出ていかれる時はうれしいですね。それから2回3回って乗ってもらえると、お客様の方から世間話をしてくれるようになって「指名はできませんか」って聞いてこられるんです。「指名制度はないんです」ってお断りするんですけど。

    指名したいって思っていただけるのはうれしいですね。

Q.05
お客様対応に困る時は?
  • 雀堂
    雀堂

    乗られた後に「お金ない」とか「これだけしかないから、この金額で行って」と言われることがありますが、困りますね笑。車を動かしてしまってからは、お客様対応をしないといけないので、「降りて下さい」とも言えないんです。そういう時は少し笑いながら「じゃあ1000円のところで降りてもらいますよ」なんて言うと、「嘘やん、持ってるやん!」って関西人の乗りで返してこられます。

    いろんなお客様がいらっしゃいますね

  • 雀堂
    雀堂

    酔っぱらっているお客様は、気分が良いと「運転手さん今から飲もうか。一緒にラーメン食べよう」って誘ってくれるんです。「いや、お腹空いていませんので」って断ると「水臭いこと言うなよ~」って笑。飲まれている方が乗ってこられた時には、どんな酔い方をするタイプなのか察しがつくので、そこで機転を効かせておくことも大切です。

売り上げはどのように上げていますか?
  • 雀堂
    雀堂

    売り上げはその日その日でまったく予想がつかないんです。「今日は暇だね」ってしゃべっていても1時間後から急に忙しくなったり、「今日は忙しいな。売り上げを上げられるかな」と思っていたら2時間後にはぴたっと止まったり。予想が付かないギャンブル的なところが逆に面白いんですけどね。雨や冬場には乗車率は高くなります。

男性ドライバー写真

嘘はつかない。知ったかぶりはしない。


謙虚な姿勢と挑戦を重ねていきたい。

Q.06
今後の目標は?
  • 木寺
    木寺

    心がけていることは同じ失敗をしないということです。逃げずにトライしていく、わからないから行かないではなくて、知らない道や行先は今でも無数にありますが、お客様と話しながら、嘘はつかない、知ったかぶりはしないってことを大切にしています。

  • 雀堂
    雀堂

    高齢の方々に対するサービスの向上ですね。病人の方は病院に着くまでの車内でも不安な気持ちでおられると思うので、できるだけ「大丈夫ですよ。もうすぐ着きますから」って安心できるような声かけを大事にしています。そうしてお話をしていると乗車された時には緊張されていた方が、降りる頃にはニコっと笑顔でお礼を言われます。自分が乗る立場だったら、無言で連れて行かれるよりも「寒くないですか?」と聞いてもらえたらうれしいですよね。しゃべることに神経が集中しますから、身体の痛みも和らぎます。絶えずミラーでお客様の顔色を確認しているので、様態が悪そうになったら「ちょっと車止めましょうか」と配慮するようにしています。

  • 八木
    八木

    私は今度、園部営業所から亀岡営業所に異動するんですよ。やっと園部町のお客様とも仲良くなって、アパートの名前も覚えるようになってきたところだったので、亀岡に来て一から覚えていけるか不安はありますが、仕事なのでどこでも走る覚悟はしていますし、乗ってもらったお客様から「あなたで良かった」って言われるくらいの運転手になりたいなって思っています。ここはまず前に進んで乗り越えていきたいです。

男性ドライバー写真
Q.07
求職者の方にメッセージをお願いします。
  • 八木
    八木

    当社は雰囲気がとても良く社内はみんなわいわいしています。面倒見のいい先輩ばかりで、話の中にぽろっと仕事のコツを話してくれたりするんです。たとえばルームライトなんかは今まで手を伸ばしてつけていたんですけど、「ドアのところ半ドアにしたらできるよ」ってさりげない会話の中でアドバイスをくれるんです。

    未経験の方でも安心してスタートが切れそうですね!

  • 八木
    八木

    僕はここに来て正直、人生が変わったって感じなんですね。コミュニケーションができるようになったんです。お客様を通じて人生の話を聞かせてもらったり。この前も目的地に着いてからお客様と10分ほどおしゃべりしていました笑。「駅に戻らないとなぁ」と思いつつなんですけど、若いお客様が人生相談をしてきてくれるんですよ。いろいろなお客様との出会いが楽しいです。

  • 雀堂
    雀堂

    亀岡は京都市内よりも車両数が少ないので、目的地まで同じ距離を走るのでも稼働率がかなりいいです。タクシーの運転をしてみたいという方はこちらのほうが、道さえ覚えれば仕事はやりやすいと思います。気候の変動は京都市内より厳しいですが、休みの日にちょっと走れば覚えられる道ばかりです。最初の頃は地理に不安もあるかと思いますが、温和な地域柄ですので「ちょっと新人なんで道がわからないんです」と言うと、だいたいお客様が教えてくれます。逆に「頑張ってね」と言ってもらえることもあります。

    お客様が応援してくれるとうれしいですね。

  • 雀堂
    雀堂

    私も入社した頃はお客様に教えていただきました。「心配せんでええよ。全部教えてあげるから」ってカーナビのごとく最初からことごとく教えてくれるんですよ笑。「そこは右、あそこにポールが立っているから気を付けて」とか。そしてこちらから言う前に「ありがとうね。また乗せてもらうから頑張ってね!」って、本当にこの地域ならではの優しさを感じますね。

  • 木寺
    木寺

    これからドライバーはますます求められていく仕事です。高齢者の方も多くなってきているので、タクシーの利用は多くなっていきますから、地元に貢献していただいて、地元の方を支えていただければと思います。私は生まれも育ちも亀岡なので、昔の友人が乗ってくることもあります。「ん?誰だ、あ、お前か」って笑。そんなやり取りも楽しいですし、なじんでしまうと楽ですね。

最後に木寺さん、地元亀岡のいいところは?
  • 八木 雀堂
    八木
    雀堂

    教えてほしいです。

  • 木寺
    木寺

    実は保津川下りと、トロッコ電車は乗ったことがないんです笑。ですが出雲大神宮など良いスポットはたくさんありますし、湯の花温泉でゆっくりしていただけたらなあと思います。

  • 雀堂
    雀堂

    よし今度おっさんが付き添ってあげるわ!笑。桜の季節と紅葉の季節は本当に綺麗な町なので、多くの方に来ていただけたらうれしいですね。

ここ亀岡の地ならではの、タクシードライバーのやりがいや楽しさが伝わってきました。地域特有のお客様の優しさや、走りやすい道路事情、社内の円滑なコミュニケーションが働きやすさにつながっているんですね!京都タクシーで働く魅力を存分に語っていただき、ありがとうございました。

女性ドライバー写真

田舎ならではのハイヤータクシー。


なじみのお客様だから安心です。

Q.01
ここに来る前はなにをされていましたか?
  • 原田
    原田

    専業主婦ですけれども、家で手描き友禅を10年ほどしていました。

  • 栃尾
    栃尾

    私は病院や施設の送迎ドライバーをやっていました。運転が若い頃から大好だったので、30代の頃に二種免許も取得して、兵庫県にいた頃は3年ほどタクシーにも乗っていました。

  • 高塚
    高塚

    長距離の大型トラックの運転手をしていた頃から、道中で京都タクシーの女性ドライバーの方を見かけていたので、私も引退したらここに来ようと昔から決めていました。

女性だと、夜が遅いということや、運転の危険などの心配はなかったですか?
  • 栃尾
    栃尾

    以前にもタクシー乗務をしていましたが危険なことは無かったので、家族の反対もありませんでした。

  • 高塚
    高塚

    私も以前は長距離トラックで全国を走っていたので、そちらの方が危険でした。「タクシーに引退したよ」と言ったら親も安心してくれました。

  • 原田
    原田

    最近は車載カメラもあるし、安心して仕事ができます。

  • 栃尾
    栃尾

    京都タクシーは基本的にお電話いただいたお客様の送迎を行うハイヤータクシーなので、お客様がどんな方か、どこにお住まいかということを会社が把握しているという点で安心感があります。 フリーのお客様を拾うことがないというのは、田舎ならではですよね。

  • 原田
    原田

    タクシーを利用されるお客様は毎回同じ方が多いので、見ず知らずの方は少ないです。

地元に密着している安心感が働きやすさに繋がっているのですね。
女性が働くにあたって特に心配することは無いですか?
  • 原田
    原田
    高塚
    栃尾

    そうですね、不安な要素は少なくなりました。

  • 原田
    原田

    もちろん気をつけなくちゃって思うことはありますが、つい田舎の景色を見ながらのんきに走っていますね(笑)

女性ドライバー写真

「良かったわ、あなたで。」


買い物や銀行にも安心して寄っていただけています。

Q.02
女性ドライバーの強みは?
  • 原田
    原田

    やっぱり女性だと安心していただけます。色んなお手伝いができますでしょ。小さなことですけど、荷物を運んだり身体を抱えてさしあげたり。指名制度があった頃は、女性ドライバーが入ったってことでおばあちゃん方から呼んでもらえることも多かったんです。男性ドライバーから嫉妬されるくらい、本当に今も昔も喜んでいただけていますね。

    お客様からしても安心できるんでしょうね。

  • 高塚
    高塚

    女性だと話しもかけやすいし対応がやわらかいので、「女性のドライバーさんで良かったわ」ってよく言っていただきます。

  • 原田
    原田

    運転もやわらかいと言われますね。亀岡は坂やカーブが多いので、運転が荒いと車内がゆれてしまうんです。

  • 栃尾
    栃尾

    夜は女性の方が1人で乗る際には安心ですよね。女性同士なので車内で会話に花が咲くこともたくさんあります。

Q.03
お客様からいただいてうれしかったお言葉は?
  • 高塚
    高塚

    「ああ、良かった。あなたで。じゃあ、ちょっと今日はスーパーにも寄ってもらおうかしら」って、お客様の安心感が伝わってくるとうれしいです。

  • 原田
    原田

    途中でちょっとだけ買い物したい、ちょっと銀行でお金おろしたいっていう要望を言いやすいんでしょうね。お年寄りの方の場合は、乗車されるとすぐに日頃の愚痴をこぼされるので、聞き役に徹することも(笑)

  • 高塚
    高塚

    それも仕事のうちですよね(笑)心のケアも。

  • 原田
    原田

    あとは「やっぱり女性の車は綺麗ですね」「土足で入っていいの?」って聞かれることもあります。車内は常に綺麗にしていようと心がけていますし、足元もしっかりと拭いています。きつい香りはみなさん嫌がるので、かすかな香りがするように芳香剤も置いているんです。自分が心がけていることを褒めていただけるとうれしいですね。

女性ドライバー写真

「また来年、訪れます。」四季の趣溢れる、


亀岡の魅力を伝え続けたい。

Q.04
仕事でこだわっていることは?
  • 原田
    原田

    トロッコ電車、保津川下り、湯の花温泉、出雲大神宮、亀岡にはいいところがいっぱいあるんです。昔は湯の花温泉に向かう送迎バスが無くて、お客様は必ず亀岡駅からタクシーに乗っていかれるので、その道中で色んな亀岡の名所をご紹介していたら「明日是非そこに行ってみたいので、迎えにきてくれますか」と言っていただけて、よく駅までお送りしましたね。「また来年来ますのでお願いします」って帰られていきました。自分でも図書館に通って調べたりして。この土地の良さを伝えるということはずっと心がけてきました。

    亀岡を走るドライバーならではのこだわりですね!

亀岡の好きなところは?
  • 栃尾
    栃尾

    水がおいしいところです。前に住んでいた地域は川がものすごく汚くて、水道水が本当においしくなかったんです。でも亀岡に来た時に水道の水をそのまま飲んで「おいしい!」と思って、これは絶対に亀岡のいいところだなって感じました。

  • 原田
    原田

    地形が筋鉢状で、京都から連なる愛宕山のおかげで、高いところから自然濾過された地下水が豊富にあるんです。それを水道水に入れてますんで、よそから来られた方は「お水がおいしい、空気がおいしい」って驚かれますね。

Q.05
ドライバーに求められるスキルは?
  • 原田
    原田

    安全で優しい運転です。田舎の自転車を走るおじいちゃんや中学生はものすごく自由に道路を走っています。

  • 栃尾
    栃尾

    まるで自分の道ですよね(笑)

  • 高塚
    高塚

    確かに、奥(亀岡より山奥にある南丹エリア)にいくほど大変です。

  • 原田
    原田

    あらゆる状況に気をつけながら運転するのもプロとして大切です。あとは健康。密閉した中でいろんなお客様が乗ってこられますし、健康でないと安全な運転はできないので、体調には気を付けています。

  • 高塚
    高塚

    私も風邪で休んだことはありません。もともとかかりやすかったのですが、ここ何年かひいてないんです。病は気からといいますよね、青汁とか乳酸菌飲料で日々気を付けています。

Q.06
今後の目標は?
  • 栃尾
    栃尾

    私はまだ亀岡に来て4年です。地名を言われてもぴんとこないことも多く「どこでしたっけ?」とお客様に聞くこともあるので、早く地名や亀岡について勉強していきたいです。

  • 原田
    原田

    最近は外国の方も多いのですが、中国語、台湾語、韓国語は全然わかりません。スマートフォンで行先を伝えてくれるのですが、こちらからも観光名所を教えてあげたくてもうまく伝えられずもどかしいです。せっかく遠くから来てくれているので、亀岡の良さを外国の方にも伝えていきたいですね。

  • 高塚
    高塚

    病院に行く方や高齢者の方の心のケアです。いろんなことを聞いてさしあげたり、 お役にたてたらなと思います。顔色を見ながら「今日はどうなのかな、何を話かけてあげたらいいのかな」って考えています。

    お客様のご様子や表情を見て適切な言葉をかける。 そのような気づかいは女性のドライバーならではですね。

  • 高塚
    高塚

    荷物を運んでさしあげたり、後ろの扉の鍵を開けてお声かけしたり、そういった細やかな接客サービスは女性が得意なところです。男性は男性らしい仕事や作業がありますが、女性には女性の良さがありますね。

女性ドライバー写真

病は気から。


健康第一に、お客様の心のケアも大切な仕事です。

Q.07
女性求職者の方にメッセージをお願いします。
  • 原田
    原田

    車に乗るのが好きなことが第一条件、あとは楽しんでやっていただけたらと思います。 亀岡ならではの景色も満喫してください。

  • 高塚
    高塚

    初めからすべての道を覚えられなくても、毎日運転しているうちに身について行きます。「タクシーって難しいですか、どこにでもいかなきゃいけないですか?」とよく聞かれますが、確かに勝負の早い仕事です。ぱぱっと頭で地図を描かないといけないので方角くらいは分かっておかないといけませんが、私たちも万能じゃないので「ちょっと待ってくださいね」と、地図を広げて調べることはよくあります。

  • 栃尾
    栃尾

    人が好きとか、人と関わることが好きな方でしたら向いています。

  • 原田
    原田

    お客様商売ですからね。

  • 高塚
    高塚

    反面厳しい仕事です。

  • 原田
    原田

    そうです、気が抜けないので。

  • 高塚
    高塚

    雪が降ったら危ないし、事故を起こさないように、「人の命をあずかる」ということは常に忘れてはいけません。

  • 原田
    原田

    その中でお客様とのふれあいを楽しんでいっていただきたいですね。

女性ならではの細やかな接客を活かしながら、お客様との会話を楽しむ。
女性ドライバーの皆様の活躍が今後たくさんの女性の勇気につながることと思います。
本日はありがとうございました。

Try to be the best Taxi Company in Japan!

目指せ!日本一のタクシー会社